スポンサーサイト

  • 2017.07.17 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    死神とハムレットレポ(座員eme記)

    • 2017.07.17 Monday
    • 15:06

    お疲れ様です。

    emeです。

     

    今回はたて続けに更新ですが、

    たまーに更新される気まぐれブログなので

    1回分がちょーー長いです。

    最後までお付き合い頂けましたら

    ありがたいです。

     

    森野王子様歌劇ライブ

    『死神とハムレット』

    一夜の夢の世界の幕が

    下ろされました。

     

    森野王子殿、ミーウェルさま

    素晴らしき出演者のみなさま

    いつも優しい大好きなロサの方々

    そしてかけがえのない一瞬をとらえて

    下さる我らが情景座カメラマン部隊

    野鳥の会の会長パパと金子氏

    みなさま大変お世話になりました。

     

    あのような素敵な舞台に

    参加させて頂き本当にありがとうござました。

    しあわせな時間でした。

     

    ネタバレになりますので

    今まで語れなかった

    リハでのことをもう色々語れますわ。

     

    今回の情景座は

    なんと冒頭!

    ・亡霊たちのシーン

    ・旅一座の登場シーン

    ・ハムレットさまに依頼された

     王殺しのパフォーマンス(劇中劇)シーン

     に出演させて頂きました。

     

    亡霊シーンはダンスシーンですが

    旅役者の登場シーン、王殺しのパフォーマンスには

    演技力が必要でした。

    私たちはお芝居の経験がある訳ではないので

    声を出したり、話したりと

    新たなことにチャレンジできたのも

    とっても楽しかったです。

     

    昨年の『白騎士と魔の女王ベアトリーチェ』

    では殺されてしまったベアトリーチェミーウェル様

    を高らかにリフトして運ぶという任務や

    その後ミーウェルさまの早替えお手伝いと

    ミーウェルさまとの綿密なリハがありましたが

    今年はミーウェルさまとの絡みがなくて

    ううううっ淋しかったですが

    (涙)

     

    今回はハムレット王子殿との絡みがあったのです!

    きゃあ

     

    旅一座が到着し

    ハムレットさまにお辞儀をし

    チラシを配り

     

    ハムレットさまは

    座長、メンバーの私たちに声をかけます。

     

    旅一座メンバーは

    あいえなちゃん馬

    美奈子さんブルーのトカゲ

    えーこちゃんミスフラワー

    私ミツバチ

    になってます。

     

    王子殿はお忙しい中

    2回も情景座リハにいらして下さり

    旅一座シーンをやりました。

     

    旅一座が曲の終盤で

    実際にお席にいらっしゃるお客様も巻き込み型にして

    チラシを配ります。

    その最中、まずミツバチがハムレットさまを

    引っ張って、

    「おやおや」とハムレットさま←かっこいい

    周りを馬がきゃんきゃんする

    ミスフラワーえーこちゃんが近づいて挨拶

    王子殿はえーこちゃんの手にキッス←かっこよすぎ

    そして曲が終わり

    「旅の一座の者!歓迎するよ」←これがまたかっこいい

    お声なんですわ

    から

    「やあ、座長 久しぶりだなあ」

    あいえなちゃんへ

    「やあ、双子」

    美奈子さんに

    「お嬢」と声をかけ、手にキス

     

    先生が

    「おうじぃ、えめちゃんが言いたいセリフがあるって」

    すかさず

    リハ最中に、こんなセリフ言っちゃったりして

    と勝手に言っていた

    「一年振りです王子!」とたっかい声で言いました

    まさかの採用!

    言ってみるもんですねえ

    夢は子役デビューでしたが(大人なので無理な話だが)

    あっさり今、夢がかなうなんて

     

    そして王子はその時

    「君は中々背が伸びないなあ」と言って

    わたくめを、抱っこしてくるくる回したい

    と恐ろしいことをおっしゃったのです。

    そのセリフがシェイクスピアの中にあるそうです。

     

    いやいやいやいや王子殿

    こんな小太りをそんなことしたら

    腰崩壊ですよ

    先生も「王子ぃ、えめ重いよ」というお顔で反対の意向

    はい、あたし身長150僂任垢韻匹りぎり50キロありますから

    (筋肉が多いと思いたい)

    だから400mlの献血してますから(血が濃い女)

    400献血できるようにに50キロは切らないようにしてますから

    話脱線!

    でも2回目のリハでもやはり王子殿は

    この重たいミツバチをどひゃーんと回す

    をご希望され

    いやいやいやいや

    えーこちゃんにならいくらでも

    肩車でもなんでも

    子連れ狼「ちゃーーんっ」でもなんでも

    してもらいますけど

    それにファンの方からジェラシーがきちゃうわ

    ていうかこれは

    大スターの相手役ヒロインに新人えめが大抜擢

    されちゃって、

    その後嫉妬で干されるんだわ←勝手な妄想

     

    ということで

    私は必死・・・

    王子殿に

    ちょっと自分からも飛ぶ感じでどうでしょう

    王子に身を任せつつ

    と案を出し

    あのようになりました。

    しかし王子殿は細いけれどきっと力あるんだろうな

     

    「一年振りです王子」と言い

    まず王子殿の

    吸い込まれそうなあのきれいな瞳で見つめられ

    毎回、す・て・き

    と思っているうちに

    すかさず、息を合わせて

    抱っこされるように飛ぶ

     

    おおおお、王子はとっても良き香りがしました。

    いつもリハでくっついているえーこちゃんの

    ギャッツビーボディシートの香りとは違った

    でもえーこちゃんのギャッツビーの香りも好き

    「王子っていい匂いがしたよ。芸能人ってそうなんだわ」

    ってえーこちゃんや美奈子さんに言いましたわ

    私なんていつも汗だくで申し訳ない・・・

     

    昨年はミーウェルさまのリフトにて

    足首を担当させて頂いた私

    一番先頭で誇らしげでしたが

    今年は王子殿に抱っこみたいなのされるとは

    なんという出世の階段でしょう

    ファンのみなさますみません。

     

    旅一座登場のシーンの話になったので

    このまま話は旅一座シーンの話を進めますと

     

    先生の振付構想は本当に面白いです。

    旅一座は幌馬車に荷物を積んで

    移動してますから

    このシーンでは馬車と共に登場ですと

    感じが出ますね。

    なんと先生は馬車を作ってしまった!

    舞台写真はまだ載せられませんので

    ちょっとこのぼんやりしたリ写真を

    これが馬車です

     

     

    これがあると旅一座がきたぞー

    って雰囲気が生まれますよね。

    この中にミツバチの私が入っています。

    底に小さい台車を3面につけており

    そのタイヤでスムーズに動いている

    ように見えますが

    底に全部台車があるのではなく

    3つの小さい台車を私が手で押さえつつ

    その狭いすき間を四つん這いになって

    歩いて馬車の動きと共に進んでいます。

    馬車の動きが読めなかった時は

    あっ、今動かそうとしてるかな?と思ってしまい

    動く時ではないのに私がシャカシャカ歩き

    馬車が勝手に進むというポルターガイスト現象が

    ありましたが、

    ぎりぎりまで馬車が出てくる場所を

    変えたりしたこともあり

    勝手に馬車が進む現象はゲネまで続きました。

     

    リハではまだ慣れてなくて

    動かす方のあいえなちゃんも

    急にががっと馬車を進めてきて

    すっごいいきなりだな

    と思いつつ、とっさに中の私はとてつもなく

    しゃかしゃかと

    ゴキブリのごとく素早く動いていたりと、

    あの馬車が透明だったら

    ホントおっかしいんですけど(笑)

    えなちゃん「えめさん、ごめん

    すごい早く押しちゃった」と

    もう、えなちゃんかわいい

    だいじょぶ、この手足の短さと素早さで

    対応可能よ。便利な体形だわね。

    でも正直汗だくよ

     

    ぎりぎりまで決まらなかったといえば

    やはりポールでのローリングサンダーです。

     

    ローリングサンダーがなんぞや?

    ということで参考動画をわざわざ作りました。

    2014年の公演より

     

    https://youtu.be/PEhxB7vZVfA

     

    このミニ版を旅一座シーンで

    やることになりました。

    サーカス団のテントのような情景が

    生まれるのです。

     

    先生はこれをポールでやりたいとの構想を

    考えました。

    公演の時は先生が脚立に上り

    棒についている青いリボンを上に

    上げております。だからとても高い

    この時は9本ありましたから

    絡まないように3本ずつをシュシュで

    結んで運び、必ず自分の位置のリボンを

    持たないと上でからんで綺麗ではないのです。

    努力が実り、この時きれいに成功しております。

     

    これを今回ミニ版で

    5人で少ないですけれどやることになりました。

    きれいにやらねば意味がありません。

    しかも今回は棒についているのではなく

    ポールの一番上の先端に

    紙コップをひっくり返したものにリボンがついている

    ものをパコっとはめてローリングサンダーをするという

    計画です。

     

    ミツバチの私がポールに上っていき

    そのリボンをセットする構想

    面白いけど・・・

     

    えっ、先生、

    世界チャンピオンのポールダンサーさまの

    大切なポールを私たちが使っていいのですか?

     

    そこは王子殿にご確認頂き

    使っても良いということだったのです。

     

    なんと、ダメですと言われるかと思ったら

    使っていいなんて

    なんて良いポールさまなんだろう

    いや、カズヤさまなんだろう

     

    でもポールで練習できるのは

    カズヤさまがいらっしゃる前日からです。

     

    3メートルのポールだから

    自力でひょいとつかんだら

    えーこちゃんにお尻でも押してもらい

    えーこちゃんの肩に乗れば

    届くだろうということになりました。

    でもやってみないとわからないし

    時間がかかってしまい、音楽の尺が足りるのか?

    できなければ

    棒でやることも考えておりました。

     

    それに

    世界的ポールダンサー様なわけで

    実際お会いしたら

    「そんな変なミツバチみたいなヘンテコな人が

    僕のポールに上るんですかあ

    やっぱりやめてもらえます?」とか

    もしかしてポールさまは気難しいかもしれないし

     

    しかーし

    ポールさま

    いやカズヤさまは

    なんと気さくな

    「全然乗っちゃっていいですよー」と

    おおおおお

    そうだ

    これが一流の方なのだ

    ザ・一流

    極めてらっしゃる方はこうなのです。

    大きい、寛大!心が広い!

    王子殿とミーウェルさんが一流なのも

    うなづけます。

     

    ありがとうございますカズヤさま

    一瞬でも気難しい人かもって

    疑っちゃって

    走れメロスしちゃって

    ごめんなさい・・・

     

    それにしても本当にカズヤさんのポールダンスは

    素晴らしい!観られてよかった!

    魅了されます!

    モニターでずっと見てたのですが

    とてつもない技です。

    力強いのにしなやかで

    足の甲も綺麗で、物語を発信する芸術性

    美しく、怪しい死神だ!!

     

    本番の朝

    ライブインロサが開くのを待っていたら

    ご登場!開くまで時間があったので

    情景座メンバーに囲まれ質問攻めになるカズヤさん

    「いつからやっていらしたのですか?」

    「こちらではワークショップがあるのですか?」

    「足の甲がすごいきれいですね。バレエやってたのですか」

     

    わいのわいのわいの

    写真も公開オッケーとのことで載せさせて頂きます〜

    喜びを隠し切れない私

    かっこいい

     

     

    そうなんです

    共演者さま

    本当に今回も素敵でした。

     

    流転さんの奏でる竪琴と歌

    耳から離れません

    「歓迎しよう〜♪」家で歌ってます

    仮面をかぶってミステリアスで

    近寄りがたい?と思ったら

    中身は物腰柔らかい優しい男性

    仮面を外すした素顔は

    なんとも澄んだ黒い瞳がそこに

     

    そしてせり様とは楽屋がご一緒だったのですが

    いつも静かに微笑んで座っていらっしゃる雰囲気が

    品があって素敵

    そんな微笑みと美声の貴公子せり様は

    本番の日、あの美しいお声で

    「みなさま食べて下さい」と

    たくさんのサンドウィッチと

    崎陽軒のシウマイを差し入れして下さり

     

    特に崎陽軒のシウマイには

    2部の最初の方で出番が終わった情景座が

    ハイエナのように群がり完食

    「せり様、、、すみません

    シウマイを私たちがたくさん食べて

    なくなってしまいました。ごちそうさまでした。」

    いそいそとえめの差し入れ八天堂のクリームパンを

    差し出し

    せり様 ゆったりと微笑む お優しやー

    やはり微笑みの貴公子

    もはやヨンさまですか・・・

     

    去年もお会いしたみくりさんはスタッフもやって下さっており

    人懐っこくて可愛いのです。いてくれると安心します。

     

    AnLapinさまとは

    あまり触れ合えませんでしたが

    情景座の王殺しパフォーマンスシーンの後に

    私たちがストップモーションをしているところに

    AnLapinさまの曲がかかり歌が始まります。

    その出だしが一瞬コンテを踊りたくなるような始まりで

    その後しっとり?いやかっこよくなり、ドラマチックで

    大好きな曲でした。

     

    今回王子殿とミーウェル様とも

    楽屋が一緒だったのです。

    るるるん

    毎回思うけど、お二人はこんなにすごい濃密な

    舞台を作って、もちろんロサの方々との業務や

    物販やらいろいろあって

    そして出番はたくさんで

    本番の心は大変なことになっているだろうに

    ピリピリ感がないのです

     

    楽屋での写真

    ミーウェルさんと★

    か、、、可愛い

    この可憐なオフィーリアさまを

    近くで生で見られますから

    贅沢な楽屋

    ミーウェルさんは本番前でも

    あんなすごい役をやるのに

    ずっとほんわかした雰囲気で

    場が癒されます。

     

    えーこちゃんのアイフォン写真

    オフィーリアさまと旅一座

    この旅一座のメイクというかフェイスペインティング

    全員の分をえーこちゃんがやってくれました!

    さすが美大出身!

     

    ミーウェルさんは

    ゲネが終わって

    本番までの少しの時間に

    私や美奈子さんも大好きな

    エリザベートをすこーし

    歌って下さったり

    なんと贅沢なことか

     

    先生とミーウェルさん

    わおなんかすんごい素敵★

     

    では楽屋写真をここで

    座長さまとあいえなちゃん

     

    みんな姓が中村の4人

    (先生の旧姓は中村なのです)

     

    えーこちゃんのお膝の上に包まれよう

     

    そして今回

    また初めてのことが

    共演者さまと打ち上げをご一緒できましたーー!

    カズヤさんと流転さんと

    ビール飲んで色々お話できました!

    な、なんと最後の方には王子殿もいらして

    下さったのであります!!!

    打ち上げを一緒にできるなんてーー

    貴重なことでしたわ。

    でも遅くからなので終電がっ

    ですからミーウェル姫はお城に

    帰らねばで、ご参加できませんでした。

    王子殿は色々お話してくださいました。

    この舞台作りについても

    演目のイメージに合った歌い手さんを

    探され、研究され

    その方の持っていらっしゃる

    歌、魅力、個性を「死神とハムレット」の世界

    のパズルに存分に当てはめていくのですね

    それがピタっと一つになり、

    あの一夜限りの夢の空間が生まれるのだわ

     

    あああ、時間が足りない

    王子殿の舞台作りの話を

    もっとじっくり聞きたい

    ずっと打ち上げが続いて欲しい

    でも終電が〜

    このままみなさまで

    24時間営業のスパ施設へ移動し

    夜を明かしたいくらいでしたわ

    おおおおっと

    王子殿との打ち上げ写真がないのです

    終電気にして写真どころじゃなかったのか

    写真がないですが決して私の妄想ではありません。

    幸せな時間はあっという間に終わるのね(涙)

    楽しかった〜

     

    さてさて

    このロングなブログも終わりですが

    まだローリングサンダーの話を回収できて

    おりませんでしたね。

    おほほ、動画まで入れて説明しているのに

     

    旅一座シーンで

    ミツバチの私はポールに上れたかどうか

     

    14日の前日の通しで

    ぶっつけ本番

    上ってみようとなりました。

     

    先生「ケガしなように無理しなくていいから

    時間がかかってもいいから、えーこちゃんが

    サポートするから」

     

    はい、初めてやってみました

    そしたら意外にもするする

    上っていくことができました。

    もちろんポールダンスはできませんが

    (当たり前)

    上がることはできるのですね

    そして、パコっとはめる紙コップはピンがついている

    目印をきちんとポールの決めた位置にはめる

    ということができれば5本のリボンが

    持つべき位置の人に渡されるようになっているのです

     

    でもぶつけ本番なので

    そのローリングサンダーをパコっと

    はめるのが焦ってしまい

    目印の位置にはめられませんでした

    なので、やはり上でからまり

    綺麗に5本のリボンが回ってない・・・

    あああ、だめだ

    作戦会議

    さっきはえめちゃんが猿みたいに

    自力でのぼっちゃったけど

    計画通り

    えーこちゃんの肩に乗って

    安定した状態で

    はめなかったからだめだったんだとなり

    えーこちゃんの肩にちゃんと乗ることに

    なりました。

    では当日のゲネはそれで行こう

    ゲネ

    しっかりえーこちゃんがサポートして

    私の足を肩に乗せました。

    でもどうしたことでしょう

    手がポールの先端になかなか届かないのです

    えーこちゃんの肩に足を乗せれば

    150僂了笋任盻淑届くはずなのに

    それでまた手間取って

    うまく定位置にはめられませんでした。

    5本のリボンはからまりました・・・

     

    また作戦会議

    私「なんかね、えーこちゃんの肩にちゃんと

    足をのっけたのに、ポールが遠いの

    届かなかったのよう、えーこちゃん背が

    小さいの(いや、小さくない)」

    えーこちゃん「おかしいな、肩までの高さと

    えめちゃんの身長で届かない、、、手が短いとはいえ

    でも時間かかっちゃったね」

    私「とにかく一人でのぼっちゃった方ができる!

    絶対に本番、定位置にきちんとローリングをはめるわ。

    そしてするっと下におりてくる。絶対に成功させる!」

    えーこちゃん「あらそーお、お母さんの力もう必要ないのね

    さびしいわ。じゃあ、下で見守るわ」

    あのほんの数十秒のために

    リボンをきれいに広げるために

    紆余曲折しましたが、私の自力ということになりました。

    本番!見事大成功

    余裕をもって上り、下にいる先生から受け取り

    しっかり目印を定位置のポールにつけ

    リボンが5本定位置にあることを確認し

    すとんと下へ

    良かった、良かった!

    でもなぜ、えーこちゃんの肩に足をかける戦法だと

    ポールの上に手が届かなかったのかな?

    昨日ゲネの動画を初めてみましたら

    あはは

    何故かアタシの足がちょー曲がってただけでした

    謎判明

    あの短い黄色い足が

    足場が安定しないからピンと伸ばせなかったんですね

    ただでさえ短いのに、ちょー膝を曲げちゃって

    信じられなくくらい自分で短くしちゃっているから、

    そりゃ届かないわ

    やってみないとわからないものですね。

    でも本番でやっと成功してめでたし、めでたしですわ。

     

    公園の遊具で練習しておけばよかったかもですね

    結構おばさんになっても棒ってのぼれるものだよと・・・

     

    ポールダンス

    いいなあ

    カズヤさまは今からでも

    40代でもやれるっておっしゃってた。

    くるっと回れたりしたら素敵だな

    お教室あるよね

    なーんて気持ちがポールダンスに動いています。

     

    つい最近ハンモックヨガ(空中ヨガ)

    のスタジオがマークイズみなとみらいに出来たので

    (元シェイプアップガールズの中島史恵さんの

    スタジオです)

    そこに4回だけ通ったのですわ

    ノウハウはわかったので

    ティシューを買って

    うちで吊るせばスタジオ通わなくてもできるなあと

    きこり父にベニヤ小屋に吊るしてもらって

    うちでハンモックヨガができるようになったのです。

     

    昨日、またきこり父に

    「ポールってうちにないかしら?

    ちょっとポールダンスやってみたいんだけど

    (カズヤさまのポールに上っただけなのに

    すっかりポールダンスをかじったと思っている(笑))

    外につけられないかしら?」

    とダメ元で聞いてみたら

     

    きこり父「どこまでもおばかだね。そんなのないよ。

    できないよ」

     

    ふーんと

    なにげなく外に出たら

    材木店を去年廃業した跡地に

    なんか柱がありました

    「ああああ、あるじゃない

     あんなのあったのおお?」

     

    きこり父「ああ、YOUテレビのケーブルつなげるために

    業者に頼んだんだよ」

     

    でも太かった・・・

     

    この太さは違う

    ポールはあの太さだからのぼれるのですね

    手がまわりませんもの

    でものぼってみた

    脚立に乗ってもここまでしかのぼれません。

    くっくっく(笑)

     

    ということで

    この意味不明写真で

    ながーいブログはおしまいにいたします。

    ここまでお付き合いくださり本当にありがとう

    ございました。

    また次回の更新はいつになることやら

    ポールダンスを習っているかもしれないです。

    ハンモックヨガからポールダンスへ

     

    スポンサーサイト

    • 2017.07.17 Monday
    • 15:06
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>

      情景座とは

      「空間の中の異空間、現実の中の幻想」をコンセプトに、日常の中に非日常を表現するゴシックダンスパフォーマンス集団。 2010年デザインフェスタvol.31参加をきっかけに活動を開始。 限られたスペースを最大限に生かし、豪華な衣装、セット、小道具、外部アーティストとのコラボレーション等により、さまざまな情景への扉を作りだしています。ダンサー・コラボアーティスト・スタッフ募集中!

      スマホ版

      selected entries

      archives

      recent comment

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM